2015年06月09日

博多とんこつラーメン博多一幸舎カップ麺

IMG_0278.JPG

 カップラーメン食べてるか〜い!
 今回紹介するのは、日清の「有名店シリーズ 博多一幸舎博多とんこつ」。
 博多一幸舎って国内はおろか海外にも店舗展開する有名なとんこつラーメンチェーン店なんだってね。そして私は特売でほぼ半額で購入したものの元の値段は200円くらいの高級カップラーメンとあれば期待感が高まると言うもの。


IMG_0279.JPG

 スープの香りはそこそこ獣っぽく本場のとんこつラーメンの雰囲気を漂わせている。しかし味の方は濃厚ながら強すぎはせず洗練された印象がある。豚味の中にある甘み、これが多分博多一幸舎風のアクセントなのだろうと勝手に想像するのだが(博多一幸舎のとんこつラーメンを食べたことがないから)、この甘みはもうちょっと抑えても良いんじゃないかな〜 と思わぬでもない。
 ここまで頑張ったらクリーミーなスープであって欲しかったが、スープは泡立っており乳化寸前の様相を見せながらクリーミーにはならない。かき混ぜ方が足りないのかと一生懸命箸で底までかき混ぜてもそこは変わらず。
 麺は、細く断面の丸いフライ麺、そして日清お得意の縮れの少ないストレート麺。とんこつラーメンに良く合っている。もともと日清の技術はとんこつラーメンに向いているとも言える。
 具はチャーシュー、キクラゲ、ネギ。具の量は多め、私の好きなキクラゲも多めなのがウレシイ。
 ごちそうさまでした。

posted by カノッチ at 09:57| Comment(1) | カップ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リンガーハットの長崎ちゃんぽんは新たな伝説を生むか?!

IMG_0184.JPG

 カップラーメン食べてるかか〜い! あ、今回はカップちゃんぽんだったね〜
 というわけで今回紹介するのは、エースコックの「リンガーハットの長崎ちゃんぽん」。
 リンガーハットと言えば、長崎に遊びに行った時に現地の人に美味い店があるんだ〜 と連れて行かれたらリンガーハットだったという伝説があるね。伝説が真実なのか否かは別にして、リンガーハット1度しか行ったことがないけど美味しかったよ。カップ麺はどこまでその味に迫っているのか? チェーン店だからスープはすでに量産されていて、それをカップ麺用に加工すればいいだけでしょ、というのは素人考えなんだろうねえ。大切なところは門外不出でカップ麺メーカーには教えませんみたいな。あるいはコスト的にカップ麺では再現できませんとか言う理由があるに違いない。だって有名店の味が出ているカップ麺ってかつて無さそうだもんね。
 長崎で美味しいちゃんぽんがあるよって連れていかれたらエースコックの「リンガーハットの長崎ちゃんぽん」を食わされたという新たな伝説が生まれるや否や。


IMG_0186.JPG

 しかし、思ったよりちゃんぽんな味を出しているスープだった。魚介豚骨まじりでそこそこ濃厚だが塩な味。しかしちゃんぽんな味ではあるがリンガーハットとは別物の気も… 一度しか食べたことが無い上に私の食べたのは海鮮チャンポンだったのでレギュラーな味とは実は比較できないのだが。
 柔らかいけど伸びていないぷりぷり感のあるちゃんぽんの麺はまったくと言って良いほど再現できておらず硬い細めのうどんと言った方が良さそうな食感。
 具はキャベツ、海老、かまぼこ、人参、もやしと彩り豊かで量も多め。ここは満足。
 全体としてまずまずの評価を与えることができるんだけど、リンガーハットの海鮮ちゃんぽんが500円だった、カップ麺なのに定価(コンビニ価格)では190円もするのは高すぎると思う。そこが一番の問題かな〜
 長崎で美味しいちゃんぽんがあるよって出てきたのがエースコックの「リンガーハットの長崎ちゃんぽん」だったら確実にからかわれていることだけは確かだ。
 ごちそうさん。

posted by カノッチ at 01:23| Comment(0) | カップ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする